ガクチカと自己PRで同じ話をすると失敗するワケ
結論
ガクチカはあなたの事を中心にして話す
自己PRは会社の事を中心に考えて話す

誰も教えてくれなかったガクチカと自己PRの違い

就活生が悩んでいる事をTOP3で並べると

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 学生時代に頑張った事(ガクチカ)

になると思います

特に、ガクチカと自己PRについては悩みが深刻で

ガクチカと自己PRが同じ内容になってしまうのですが、大丈夫でしょうか?

という質問がかなり多いです

事実として、

かなりの数の学生が「ガクチカと自己PR」で同じ話し方をして、失敗しています

特に、自己PRで失敗している学生は多いですね

このページを見にきていると言う事は、あなたもガクチカで失敗している一人でしょう

でも安心してください、ほとんどの就活生が「ガクチカと自己PRで同じ話をしています」

実際に、私が面倒を見た就活生のアツシさんも「ガクチカと自己PR」で同じ内容を話して、失敗している一人でした

アツシ
ガクチカと自己PRで同じ内容を話したら、面接で落とされました

ガクチカと自己PRの違いについて教えてください

スタローン
ガクチカと自己PRの大きな違いは、

自分と相手(会社)どちらに比重を置くかだよ

話している時に、「自分と相手(会社)」どちらに比重を置いているか考えよう

ガクチカと自己PRの違い

自己PR

自己PRからまずは解説しましょう

自己PRと聞くと

自分をPRする事だから、自分の話をいっぱいすれば良いのか?

と思う就活生がいますが、これが間違い

企業はあなたの話自体にはあまり興味が無く、

「あなたの強みが私の会社で活きるかどうか」に興味がある訳です

つまり、自己PRを別の言葉で言い換えると

「あなたの強みは弊社(私の会社)でどの様に活かせるのか話してください」

となります

なので、

あくまでも話の中心は「あなたが、会社の、どの部分で、役に立てるか」です

自己PRをする時には、

最後に必ず「私の強みは、この会社のXXXという部分で役に立てます」と言う必要があるので、

強みが会社で活きる場面について話しましょう

 

ガクチカ

ガクチカでは、以下の二点が重視されていると考えて大丈夫です

・あなたの過去の経験から、あなたの能力・スキルを証明する

・あなたが過去の経験をどれだけ棚卸しできているか = 思考力

特に、

二個目の「あなたが過去の経験をどれだけ棚卸しできているか」はとても重要で、

あなたの過去に対する解像度の高さを示す必要があります

ガクチカで話す事は成功体験ですが

・なぜ成功したのか

・自分のどの強みを活かして成功したのか

・なぜその行動を取ったのか

etc…

自分の過去の経験をどれだけ噛み砕けているか = 過去への解像度

が問われています

なので、ガクチカを練習する際には、

「なぜ、あなたは、昔、成功したのか」について深掘りする必要があります

ここまでをまとめると

自己PRでは「あなたの強みが会社でどう活きるか」に焦点が当てられていて

ガクチカでは「自分の過去の経験をどれだけ噛み砕けているか」に焦点が当てられています

 

自己PRとガクチカを話してみよう

自己PRとガクチカに共通するのは「強み」をアピールする点です

私の強みはXXです、なぜなら△△と言う経験があったからです

ここの部分は共通な訳です

しかし異なるが

自己PRでは

私の強みはXXです、なぜなら△△と言う経験があったからです。

この強みを〇〇会社で活かして…

と続くのに対して

ガクチでは「あなたの過去への深掘りが続く事が多いです」

まとめ
自己PRでは「あなたの強みが会社でどう活きるか」に焦点が当てられていて

ガクチカでは「自分の過去の経験をどれだけ噛み砕けているか」に焦点が当てられています

おすすめの記事