【決定版】あなたのガクチカがつまらないたった一つの理由

こんにちはスタローンです

今日は

「あなたのガクチカがつまらない理由」について話します

今日の話は誰にでも使えて、なおかつ、めちゃめちゃ効果的なので

是非使ってください

この話し方を知るだけで、あなたのトークスキルは2倍になると思っても大丈夫です

結論
・あなたのガクチカがつまらないのは、あなたがヤンキーでは無いから
・あなたを落とす場面を、入れなくてはいけない

ESのガクチカを面接で話す就活生

あなたは、

ESのガクチカを、そのまま面接で話してはいないだろうか?

ヤベェ、そのまま話してたわ

と思ったそこのあなた、

今回の記事は読む価値があります。

 

自分は、就活生との面談を年に40~50件ほど行うのですが、

ESに書いてあるガクチカを、読んでいる学生が多い!

それじゃ受からないよ。。。

と思ってしまいます

 

ESに書いてあるガクチカを、そのまま話す時のデメリットは2つあります

・感情がこもらずに、話が平坦になる

・書き言葉を話すので、硬い感じがしてつまらない

いずれの要因も、あなたの面接をつまらなくさせます

 

感情がこもらずに、話が平坦になる

面接官はESを読んで、準備を行ってから面接に臨んでいます

と言う事は、あなたの話を聞くのは2回目になる訳です

 

しかも、ESを読むのは面接が始まる少し前のケースが多い為

さっきESを読んだばかりなのに、面接でも同じ話をされたら

飽きちゃいますよね??

 

書き言葉を話すので、硬い感じがしてつまらない

最近はオンライン面接が流行っているせいか、パソコンに映っているESをそのまま読んでいる生徒が多いです。

あれ、バレバレなんでやめた方が良いですよ

えっ、パソコンに映っているやつを読んでもバレないと思っていました

正直言うと、バレバレだよ
視点が一点しか見ていないし、明らかにスムーズな喋りをしているから

 

あと、”喋る言葉”と”書き言葉”って文体が異なるので、

“書き言葉”を聞いてもつまらないです

 

 

・感情がこもらずに、話が平坦になる

・書き言葉を話すので、硬い感じがしてつまらない

 

上記の2つが、ESに書いてあるガクチカをそのまま話す時のデメリットになります

ESに書いてあるガクチカを、そのまま話すのが良くない事は分かったよ
じゃあ、どうやって話すのが一番伝わるの?

まぁ、待ってくれ

次の章で詳しく解説するよ

おもしろいガクチカは「ヤンキーの更生」「ダイエット番組」??

 

テレビを見てると、ヤンキーの人が更生する番組とかやってますよね。

昔、中学生とかの時は悪さをしていていました
だけど、23歳の時に尊敬する上司との出会いがあって、ボランティアを始めて、
自分その時から変わったんです
今は周りの方に支えられて、更生施設の館長やってます。

みたいな話。

 

ああいう話って、視聴率が良いですし、なおかつ、人を惹きつける様な内容になっています。

ということは、”面白い”話のエッセンスが詰まっている訳ですね

 

”面白い”話のエッセンスを具体的に考えると、ある法則が見つかります

それは”神話の法則”というフレームワークで、

大まかな流れとしては

神話の法則
①日常の世界
②出会い
③試練
④復活

で構成されています(もっと詳しくすると12stepあります)

 

世界の面白い話は、この構成で作られているケースが多いです

神話の法則が、面白い話を作るのに必要なのは分かったけど、
それでも難しいよ

スタローン
それなら、話の中の”プラス”とマイナス”を意識するだけでも、
面白い話が作れるようになるから、使ってみたらどうかな?

 

先程の”神話の法則”を更に簡単にしたのが、

“プラスマイナス話法”です

 

プラスマイナス話法は簡単な構成をしていて、話の中に”マイナス”を作るだけで十分です

実はなんですが、「ヤンキーの更生」話にも、このパターンは使われていて

    昔は悪いことばかりしていた人が(マイナス)

    更生施設の館長をやっている(プラス)

話の中に、必ずマイナスとプラスがあります

面白い話し方を身につけたい人は、”マイナス”を自分の話の中に入れるだけでも、簡単に面白くする事ができますよ

 

人間は「差」しか理解できない頭をしている

なぜ”マイナス”を話に入れる事が有効なのか?

それは”差分検知”という、人間が持っている性質が関係しています

 

みなさんサウナって行った事ありますかね?

ただの、あっつい100度くらいの部屋です(私は好きですが)

サウナ入った後って水風呂に入ると思うんですけど、水風呂に入った瞬間って、凄い冷たいんですよね

スタローン
あっ、これ体止まったわ
死ぬんじゃないか

って思うくらいです

 

でも、冷たいと思うのは最初だけなんですよね

1分もすれば少しずつ慣れてきて、

スタローン
ちょっと冷たいなぁ

ぐらいにしか思わなくなります

 

なぜ、こんな現象が起きるのか?

それは、人間は「差分検知」が発達した生き物だからです

 

原始時代、人間は弱い生き物でした。

マンモスとかうじゃうじゃいたんですよね、あの時代

一人でいる時に、マンモスとかと遭遇してしまったら、どうなっていたでしょうか?

踏まれて、倒されて、死んでいたんですよね

マンモスがうじゃうじゃいる時代、

人間が生き残る方法は”逃げる”しかありませんでした

草むらが動いた
何か音がする

そう思ったら、人間は不安感を覚えて、逃げる準備をしていました

これが先祖代々繰り返され、何百万年も人間は逃げ続けました

 

「何かおかしい = 差がある」と思ったら、

人間は反応する生き物になりました

 

今の私たちもこの習性(差分検知)を持っていて、

差分検知の例
・アハ体験
→ゆっくり変化するから気づかない

・理系の女子がめちゃめちゃモテる
→比較対象がほとんどいないから、正常な比較が行えない

とかも、差分検知が原因です

 

現代の私たちにも、この習性は色濃く残っており、

差分が大きいモノに対して”強く反応してしまいます”

 

面白いガクチカを作るには、マイナスを強調しよう

就活に話を戻すと、あなたが面接ですべき事は、

話の中にマイナスを作る事です

マイナスを作ることで、プラスとの差分を大きくして、

面接官の反応性を高めましょう

 

例えば、インターンで営業を行っていた学生の例を考えてみましょう

私は営業のインターンを行なっていました。

大学2年生の時に参加した際には300人中290位の成績でしたが、
上手い先輩の営業トークを学ぶことで、

大学3年生の終わりには、300人中20位の成績になりました。

面接官
確かに凄いけど、イメージが湧きにくいなぁ
300人中290位って、どのくらい悪い状態なのだろう??

確かにこれはすごいエピソードではあると思うけど、あんまり面白くないですよね

面接官も正直聞き飽きてるエピソード構成です

 

ここで、「マイナスを作る」をやってみる

「300人中290位の成績」

「300人中290位の成績で、時給30円の営業」

と言い換えてみる

 

私は営業のインターンを行なっていました。

大学2年生の時に参加した際には300人中290位の成績でした。
その時の稼いだお金は「時給30円」で、日本で最も営業が下手と言っても過言ではありませんでした。

しかし私は、上手い先輩の営業トークを学ぶことで、大学3年生の終わりには、300人中20位の成績になりました

 

時給30円から、TOP20の営業マンか
これは面白い

 

こうするだけで、相当面白いし、

何よりも話が伝わるようになる

きちんとマイナスを説明するだけで、プラスがより輝きます

明日面接のあなた、ぜひこの方法を試して欲しいです

 

まとめ
・あなたの話を面白くするには、話の中に”マイナス”を作るのが大切

・あなたが底の状態にいた時の話を、より詳しく語ろう

おすすめの記事