【22卒向け】キャリアセンターの添削だけでは絶対ダメな理由

こんにちはスタローンです

今日は

「キャリアセンターの添削だけでは絶対ダメな理由」について書きたいと思います

今回の記事は、就活業界の裏側にも関係する話なので、あまり他言しないように。

そっと自分の頭の中に留めておいてください

結論

・大学のキャリアセンターの添削”だけ”では絶対にダメ

・ガクチカを添削するならバリバリ社会人にお願いすべき

 

 

ガクチカの添削を受けたいけど、何が正解か分からない

就活生の皆さんが、必ず一度通るのが「ガクチカ」ですよね

 

ガクチカを一回は書いてみるけど

正直、これ合ってるの?

これで面接までいけるのか?

と思っている人も多いのでは

 

なんとなく不安だと感じて、何度も自分で読み直してみるけど

・どの様にブラッシュアップすれば良いか、

・どこら辺が良くないのか

悩んでいると思います

 

就職活動は、あなたの人生を大きく左右する重要なイベントです。

なのに、中途半端なガクチカを作って、そのガクチカを武器にして、面接に挑むって有り得ないですよね?

 

でも、

ガクチカを良いモノにする為には、

何をすれば良いか分からないですよね?

 

特に、

22卒, 23卒の方はオンライン中心の就活を強いられているので、

例年とは異なる対策が必要になります

次の章では、

今年の就活が「例年と同じ点」「例年と異なる点」について書きたいと思います

22卒, 23卒の就活は、ここが違う

22卒なんだけど、何をすれば良いの!!

スタローン

まぁ、待ってくれ。

ゆっくりと解説するから

 

まず例年と同じ点・違う点を述べると、以下の通りになります

22卒, 23卒の就活が例年と同じ点

・就活生同士の添削はダメ

・大学のキャリアセンターでの添削もダメ

・ES閲覧サービスUnistyle(ユニスタイル)などを利用すべし

22卒, 23卒の就活が例年と違う点
・バリバリの社会人が、オンラインで会ってくれるようになった

一つ一つ理由を見ていきましょう

就活生同士の添削はダメ

ぜっったいにダメです

就活強者の友達がいるのなら、その友達に添削を行ってもらっても良いですが

ほとんどの友達は、就活初心者だと思います

 

「面接で評価されるポイント」を知らない人に、添削してもらっても、正直意味が無いです。

むしろ危ないです

危なさレベルで言うと、

借金してブランド品の財布を買うくらい危ないです

就活強者の友達以外には「アドバイス」を貰わない様にしましょう

 

ここで注意したいのが、「アドバイス」は貰わない方が良いと言う点です

「自己分析」についてはガンガン手伝ってもらいましょう

なぜ自己分析を手伝ってもらうべきなのか?

友達は、あなたと長く一緒にいる分、あなたの事をよく知っています

なので、主観的になりやすい自己分析に対して、客観的な視点を与えてくれるので、

立派な”他己分析”になります

 

また、「他己分析」と「面接の練習」が異なるコミュニケーション手段を介しているのも、重要なポイントです

 

面接の練習は、相手からの「評価」を受けることになります。

どんなに成熟した人でも、相手から評価を受けるのは、気持ち良いモノではありません。

なので、心の奥底で、相手への嫌悪感が芽生えてしまう事が考えられます。

 

対照的に、他己分析は相手からの”意見”なので、”評価”と比較すると、素直に聞きやすいです。

あなたの感情面を考えても、自己分析を手伝ってもらう方がベターです

 

“就活生同士の添削はダメ”のここまでのまとめ

友達と一緒にすべきこと

→自己分析

友達と一緒にすべきでないこと

→添削

大学のキャリアセンターでの添削もダメ

大学のキャリアセンターは、就活生同士の添削と同じくらいダメです

特に22卒の方にはお勧めしません

 

大学のキャリアセンターには、社会人経験を経ずにキャリアセンター職についている人が結構います。

という事は、「社会人経験がない人に、社会人になる為のアドバイスをもらっている」訳です

普通に考えて変だと思いませんか?

 

さらに悪い事に、

大学のキャリアセンターってお堅い場所なので、極度に失敗を嫌います

分厚い就活本とかに載っているような、無難なアドバイスしかくれません

 

さらにさらに悪い事に、

大学キャリアセンターに行っても、友達に会えないのが今年の就活生です

例年なら、大学キャリアセンターに行けば友達がいたりして、ホッとする時間を取れたりします

しかし、22卒の就活生は、大学キャリアセンターに行っても友達がいないので、

「添削だけ」を目的としています

 

その添削が洗練されたサービスで無いならば、行く意味無いですよね

ES閲覧サービスUnistyle(ユニスタイル)などを利用すべし

変な添削をもらうくらいなら、unistyleで上手な学生のESの書き方を真似した方が良いです

unistyleにガクチカが載るくらいの学生は、何度もESの添削を受けているので、内容が相当ブラッシュアップされています

自分が良いと思った構成を、ガッツリと真似しましょう

 

バリバリの社会人が、オンラインで会ってくれるようになった

例年と違う点は「バリバリの社会人が、オンラインで会ってくれるようになった」点です

 

コロナは「就活生」に影響を与えましたが、

「社会人」にも影響を与えました

 

社会人の多くが、在宅勤務を推奨される様になり、

圧倒的に自由な時間が生まれるようなりました

それに加えて、

zoomなどのオンラインビデオツールに対する抵抗感も減ったので、

社会人と就活生」がオンラインで出会う回数が爆増しました

 

実は、この流れは良い流れで、

「バリバリの一線級で働く社会人」からアドバイスをもらえるチャンスが増えています

社会に出てから必要なスキルについては、

「バリバリ社会人 > 大学のキャリアセンター > 友達の就活生」なので

「バリバリの一線級で働く社会人」から、積極的にアドバイスをもらいましょう

 

特に、自分の”志望企業”の社会人は、

面接に通過した”能力・マインド・文章力”を持っているので

参考になる点も多いはずです

 

アドバイスをもらうべき点としては

・話し方

・文章の書き方

・論理的思考力

です

 

論理的思考力は、スポーツにおける”フォーム”みたいなもので、

最初に変なフォームだと、ずっと変なフォームのままで生きる事になります

 

就活生の友達とかから、間違ったフィードバック貰い続けても、

論理的思考力の変なフォームは直りません

 

なので、最初は上手な人から”アドバイスを貰いましょう”

Matcherなどの、オンラインOB・OG訪問アプリを利用するのがオススメです

 

今までの10倍”OB訪問”を素晴らしくする方法

最後に、

今までで100人以上OB訪問受けている私が、

10倍”OB訪問”を素晴らしくする方法を教えます

 

目次

◇マインド編

・「社会人の一時間 = 5000円」の意識を持って話す

◇質問編

・相手にまつわる質問は、必ず一つする

・仮説に基づく質問をする

◇マナー編

・お礼のメールは必ず送る

マインド編

「社会人の一時間 = 5000円」の意識を持って話す

えっ、ただ話すだけなんだから無料でしょ

そう思っているあなた、今すぐその考えを改めるべきです

例) 年収800万円のサラリーマン
年間の労働時間を2000時間とすると
◇時給
8,000,000 ÷ 2000 = 4000 円/ h
◇面談時間
あなたと面談する時間 = 1h
プロフィールを読む + 質問の想定を考える = 30m
→合計1.5h
◇合計費用
4000 x 1.5 = 6000円

大体一回の面談で「5000~6000円」

あなたの時給1000円の”5~6倍”あると考えてください

社会人側からすると「5000~6000円」を捨てて、あなたと話をしています

 

なのに、学生側からは

・ゴミみたいな質問が来る

・ドタキャン

・失礼な態度

上記の様な現象が起きています

上記の様な行動は、絶対に辞めましょう、人間としておかしいです

 

そして、「社会人の一時間 = 5000円」の意識を持ちましょう

この意識を持つだけで、一回一回の面談の質が変わると思います

 

質問編

相手にまつわる質問は、必ず一つする

人間は、自分の事に一番興味があります

自分が一番好きですし、自分の事をもっと知って欲しいと思っています

OB・OG訪問であなたが会っている方も、

例外なく「自分の事に一番興味があります」

なので、

必ず「相手に関する質問をしましょう」

相手に関する質問

・〇〇さんの、入社の動機やきっかけは何でしたか?

・〇〇さんの様な、活発的な方が会社には多いのでしょうか?

・〇〇さんが、仕事をしていて楽しいと思う瞬間は何ですか?

上の様な質問をするだけで、相手の態度が変わると思います

誰だって、”自分に好意を持つ人間”は助けたいと思うので、

快くあなたの手伝いをしてくれるでしょう

 

質問の内容は

会社の事 :8割

相手の事 :2割

くらいが丁度良いと思います

 

会社の事 :10割

相手の事 :0割

は絶対にダメです

 

恋愛の事を考えてください

 

あなたが”東大生”だとして、女の子とデートに行きました

そしたら、その女の子が

・東大ってどんな人が多いの?
・東大生って、お酒飲むの?
・東大って、やっぱり変わった人多いの?

こいつ、”東大”の俺に興味があるんだな

と思うはずです、百年の恋も冷めるでしょう

 

“相手”に対して、少しは興味を持ちましょう

仮説に基づく質問をする

質問をする際には仮説を意識しましょう

 

例えば”電通”を志望している学生が

電通では英語が必要ですか?

と言う質問をした場合、完全に0点です

まずは、”電通”について調べてから質問を考えましょう

 

自分が2分程度調べて出てきたのは、以下の知識です

・電通グループは2013年3月26日、英国に本拠地を置くイージス・グループの買収を行った

・売り上げ構成における、アメリカの割合が増加している

・執行役員に”外国の方”を招聘している

 

上で調べた知識から、仮説を考えます

仮説と理由
仮説
・電通では英語が必要になるのではないか?

理由
・電通グループは2013年3月26日、英国に本拠地を置くイージス・グループの買収を行った
・売り上げ構成における、アメリカの割合が増加している
・執行役員に”外国の方”を招聘している

故に質問は

電通グループは2013年3月26日、英国に本拠地を置くイージス・グループの買収を行い、また、売り上げ構成における、アメリカの割合が増加しています。
なので、英語が必要になると考えているのですが、〇〇さんはどうお考えでしょうか?
もし必要ならば、
・TOEIC換算するとXX点必要なのか?
・英語が必要になる部署はどこなのか?
まで教えていただけると嬉しいです

質問はこの様になります

自分の感じた事、考えた事を踏まえて”仮説”を立ててください

 

仮説を立てる事で、以下の様なメリットが期待できます

メリット
・企業研究になる
・OB・OGへの熱意のアピールになる
・具体的な返答が期待できる

 

マナー編

お礼のメールは必ず送る

お礼のメールは必ず送りましょう。

内容に入れたいのは以下の2つです

入れたい内容

・時間をとってくれた事についてのお礼

・話してくれた内容で良かった点

この2つは忘れない様にしましょう

 

以上が、OB・OG訪問で気をつける点でした

この記事に書いてある事を意識して

気持ちの良いOB・OG訪問をしましょうね

 

結論

・大学のキャリアセンターの添削は行ってはいけない
・ガクチカを添削するならバリバリ社会人にお願いすべき
・OB訪問を行う際には、気をつけよう
おすすめの記事