誰も教えてくれない自分の強みを見つけるため

こんにちはスタローンです

今日は

「誰も教えてくれない自分の強みを見つけるため」の方法について書きたいと思います

かなーり濃い内容になっていますので、心して見てください笑

 

正直な話、この内容を見れるのは"ここだけ"だと思うので

この記事の内容を知っているだけで、あなたは就活市場で1歩抜け出す事が可能になると思います

 

みんな自己分析に困っている

あなたが就活生ならば、自己分析に困っているに違いない

アツシ
自分で自分の事が分からないんです
今まで自分の人生の事なんて、考えても無かったですし
毎日、途方にくれています
私は何をすれば良いのでしょうか?

これは、

就活の自己分析に困り果てた”大学4年生”アツシさんの言葉でした

彼は、自己分析のコトを考えすぎて、毎日ヘトヘトになるほどでした

 

✅自己分析に関する単語は多すぎる(好きな事、得意な事、軸、etc、、、)

✅自己分析ができる質問に何問も答えても、前に進んでいる気がしない

 

こんな悩みを抱えている”あなた”の為に、私は記事を書きました

この記事を最後まで読めば

・自己分析が得意になる最強メソッド

が手に入ります

面接の深堀で何を聞かれても答えられる、最強の就活生になれます

最後まで楽しんでください

自己分析が難しい理由

Q: 自己分析って簡単な作業なの?

これは私がよく聞かれる質問です

この質問に対して、私はこう答えます

スタローン
自己分析はとても難しい作業です

 

難しい理由は4つあって

難しい理由4つ
・他人軸と自分軸が混ざっているから
・自己分析に関連する言葉が多数ありすぎるから
・自己分析を行うためのツールが、あまりにも多すぎる
・自己分析をお手伝いしてくれる人が、日本に少なすぎる

一つ一つ解説していきますね

問題1: 他人軸と自分軸が混ざっているから

これが最大の原因と言っても過言ではないです

ほとんどの学生が

 

他人軸 : 〜しなければならない、〜すべき

自分軸: ~したい

 

を混同しています

 

まずは、他人軸で生きている自分から脱却しなくてはいけません

日本に限らずですが、今の時代は”インフルエンサー”が全盛の時代です

ソーシャルメディア上で影響力を持つ”個人”の力が強い時代と言えます

皆さんもtwitterやinstagram上で、1人や2人フォローしているのではないでしょうか

彼ら”インフルエンサー”の発言は過激です

都会に暮らすのなんてオワコン

学校になんて行くな

プログラミング学習をして独立しろ

多くのインフルエンサーが”あなた”に、

「べき論」を突きつけてきます

あなたは「べき論」を聞くたびに

あぁ、今は〇〇な時代だから、俺は成長しなくてはいけないんだ
だから俺は、”成長”しなければならない

 

この様に、漠然とした焦りを感じて、他人軸を抱えながら日々を過ごす人は、とても多いです

では他人軸を抜けるには、何をすれば良いのでしょうか?

ズバリ、

友達や家族にお願いをして「why or what」を4回以上聞いてもらってください

 

私は会社に入って成長したいのです

何で成長したいの?

 

どこでも通用する力をつけたいんです

何で、どこでも通用する力をつけたいの?

何かに縛られ生きるのが嫌なんです

何に一番縛られたくない?

嫌な人間関係です、昔の部活の先輩が嫌いで、、、
嫌いな人とは一緒に居たくないんです

じゃあ、嫌いな人が居ない会社を選べるとしたら、
何を基準に選ぶかな?

尊敬できる先輩が居る会社が良いです
雰囲気が良い会社に入りたいです

上の例は、就活生A君と友達が話していた時の内容です

A君は”成長”したいという「偽の価値観」を持っていました

おそらく、インフルエンサーに影響されての価値観でしょう

この偽の価値観に対して、「why or what」を問いかける事で、

自分の心の声があぶり出されてきます

A君の心の声
成長

どこでも通用する力

嫌な人間関係を回避したい

素晴らしい人に囲まれていたい

彼の本心は

素晴らしい人間関係 = 自分軸

を求めていました

多くの就活生が、対話を通して自分軸が明らかになります

他人軸に囚われず、自分軸を明らかにしましょう

自己分析ワーク
① 他人軸と自分軸がある事を理解する
② 自分の「価値観」をひとつ見つける
③ 友達や家族にお願いをして、「why or what」を4回以上問いかけてもらう

この「自己分析ワーク」をやるだけでも、あなたの価値観を深掘りする事が可能です

 

問題2: 自己分析に関連する言葉が多数ありすぎるから

これも大きな問題の一つですよね

・就活の軸

・強み弱み

・志望動機

・得意な事

・好きな事 etc…

就活に関連するワードが多すぎますよね

多くの就活生が混乱するのも、無理ないです

自己分析に関連する言葉が多すぎるよぉ。。。

 

まずは3つの言葉

・就活の軸

・強み

・好きな事

だけを抑えておきましょう

 

3つの言葉だけを押さえておけば問題ないです

この3つを完璧にしてから、次のステージに進みましょう

まずは「就活の軸、強み、好きな事」を理解する為に、3つを恋愛に置き換えると

・就活の軸: 恋愛の価値観
・強み: あなたのアピールポイント
・好きな事: 好きなタイプ

になります

まず最初に「就活の軸」についてお話をします

就活の軸

就活の軸とは、あなたが企業を選ぶ時に大切にする「価値観」を意味しています

恋愛で言えば、”あなたがどんな恋愛をしたいか(価値観)”に該当します

 

恋愛で例えた方が分かりやすいので、恋愛で例えると

・恋人とは毎日連絡を取りたい

・食事ににはお金を掛けないで、旅行に行きたい

・記念日は祝ってほしい

みたいなになります

 

恋人と価値観が合わないと辛いですよね、

自分は吉野家が好きだから、毎食吉野家が良い

と思っているのに

高級フレンチに行こうよ〜

とか言われても困りますよね

 

企業とあなたの関係も同じです

企業
従業員には最低限働いてもらって、給料は低めに払いたい

あなた
俺はバリバリ働いて、バリバリ稼ぎたい

 

あなたと企業の価値観に”差”があると、あなたが苦しむことになります

だからこそ、価値観を深掘りする必要がある訳です

 

強み

強みは、”あなたのアピールポイント”です

恋愛で、異性にアピールする時も”あなたの強み”をアピールしますよね

でも大切なのが、

相手って”どんな強み”を持った人が好きなんだろう

を考えることです

 

料理好きのA子さんが、憧れのB君に”料理が得意な事”をアピールする場面を考えます

私は料理が得意で、親子丼とか肉じゃがとか作れるんですよ!!

そっ、そうなんだ

俺、親子丼とか肉じゃが好きじゃないんだよなぁ。。。

こんな状況最悪ですよね

でもA子さんが、事前にB君の好きな料理を調査しておいて、「麻婆豆腐」が好きな事が分かったとします

 

すると

A子さん
私は料理が得意で、肉じゃがとか麻婆豆腐作れるんですよ
昔中華料理の教室に通っていたので、特に、麻婆豆腐は得意で、
花椒が入っている”本格的な麻婆豆腐”も、辛さ抑え目の”家庭的な麻婆豆腐”も作れるんです

B君
A子ちゃん麻婆豆腐得意なんだ、作るの難しいのに凄いね!

会話が弾む事間違いなしです

 

相手をきちんと知る事で、自分の”強み”を100%アピールする事ができます

ちなみにですが、”相手をきちんと知る事”は就活では”企業分析”と呼ばれています

好きな事

“好きな事”は分かりやすいので、少なめに書きます

基本的には、”あなたが少しでも興味がある事”ぐらいで考えておくと良いでしょう

好きで好きで堪らない事でなくとも構いません

Youtuberは「好きなことで生きていく」って言ってますよ
好きな事を仕事にするべきではないですか?

最新の研究では、好きな事を仕事にする必要は無いと言われているよ

情熱に関する研究で明らかになったのは、

人間には

“Growth passion” = 自分のやっている仕事に熱中する

と言われる性質が備わっているので、

初めから仕事を好きである必要は無い事が分かってきました

なので、

”ある程度好き”くらいのモチベーションで仕事を探すのは、理に適っていると言えます

ここまでのまとめ
就活については3つの言葉「就活の軸・強み・好きな事」を抑えておけば良い

3つを恋愛に置き換えると
・就活の軸: 恋愛の価値観
・強み: あなたのアピールポイント
・好きな事: 好きなタイプ

となる

問題3: 自己分析を行うためのツールが、あまりにも多すぎる

問題の3つ目は、自己分析を行うためのツールが、あまりにも多すぎる点です

 

自己分析を行う為のツールって、めちゃくちゃ多くないですか??

就活サイトを何個か登録している人なら分かるんですが、

結構な数の会社が、”自己分析無料診断ツール “みたいな、サービスを持っています

 

その診断ツールを使うと、

自分の強みっぽいのは出てくるのですが、

結構「当たり前でしょこれ」みたいな強みが出てきます

社交性が一位とか

慎重さ一位とか

こんなの知ってるわ

とツッコミたくなりますよね

 

自己分析を行う為のツールが難しい点として、

診断結果で強みが分かったけど、どの様に就活に活かせば良いか分からない

という人も多いです

 

結局、自己分析ツールを受けただけになってしまい、

占いを一回受けたみたいな感じになっている人も多いのではないでしょうか

やったー大吉引いたぜ〜

みたいな感覚で

なるほどなぁ、俺は「自立性」が高いんだ
何となく自己分析できたかなぁ
満足満足

こういう人多いと思います

 

でも、就活において大切なのって

・再現性: 自分の強みがどういう時に発現するか

・利用方法: 自分の強みが会社でどう生きるのか

上の二つです

自己分析ツールを受けただけ、になってしまうと勿体無いですよね

 

面接官も、強みの「再現性と利用方法」を考えながら面接を行っています

面接官
この子は「継続力」が強みと言っているが、

いつ(when)強みが発揮されるのか

面接官
この子は「継続力」が強みと言っているが、

会社のどこで(where)強みが発揮されるのか

 

この、いつ(when)どこで(where)強みが発揮されるかに答える為に、

自己分析が必要になります

過去

Where: 部活で
When: 高い目標を立てた時に
継続力が発揮された

未来

Where: 会社で
When: 高い目標を立てた時に
継続力が発揮される

自己分析を行い、過去を詳細に分析する事で、「強み」が発揮される確率を上げる事が可能になります

だから自己分析は必要なのです

ポイント
X 強みを知る

X 強みを知り、その強みがいつ(when)どこで(where)発揮されるかを知る

問題4: 自己分析をお手伝いしてくれる人が、日本に少なすぎる

こちらも問題です、

日本には自己分析をお手伝いしてくれる人が少ないです

これには理由があって、

 

自己分析のプロ ≠ 他人の自己分析のプロ

 

だからです

 

例えば、自己分析が得意なAさんがいるとします

Aさんは、自分の強みも、自分の価値観も、よく分かっています

だから、Aさんは色んな場所で輝くことができています

でも、Aさんは「他人の自己分析」については何も知りません

 

「自己分析のプロ ≠ 他人の自己分析のプロ」

 

この事を理解してください

 

ホリエモンとかは、自分の強みを理解していると思いますが、

他人の強みについては何も分からないでしょう

なので、就活生のあなたは「他人の自己分析」に詳しい人を探し出して、話を聞く必要があります

就活生に残された最後の砦「ストレングスファインダー」

前の章で、4つの問題点を挙げました

4つの問題点
・他人軸と自分軸が混ざっているから
・自己分析に関連する言葉が多数ありすぎるから
・自己分析を行うためのツールが、あまりにも多すぎる
・自己分析をお手伝いしてくれる人が、日本に少なすぎる

これらの問題点を解消するのが、ストレングスファインダーです

ストレングスファインダーは60年前から愛されている、自己分析ツールで

これまで24,490,547もの人々がこのテストを受けています(※2021/01/20現在)

 

テストを受けると、自分の強みが5つ表示され、

その強みを用いてどの様に行動すべきか、行動指針についても示してくれます

6000円の有料版にはなりますが、なんと25ページものレポートも送られてきます

ストレングスファインダーが素晴らしい3つの理由
・24,490,547人の実績
・25ページもの詳細なレポート(6000円の有料版)
・細分化された強みの特定

今挙げた3つの理由だけでも、ストレングスファインダーが素晴らしいのは証明済なのですが、

ストレングスファインダーがすごい点として、認定のコーチがきちんといます

 

認定のコーチがいるので、

あなたの強みを深掘りしてくれる人がいる訳ですね

おすすめの方を挙げたいと思います

エリーさん

IKUMAさん 

あなたが持つ5つの資質から、"自分の強み"という難問をさくっと解決して下さいます

とても素晴らしい方達なので、ぜひ話を聞くと良いと思います

 

今挙げた方以外でもストレングスコーチは多数いらっしゃいます

ストレングスコーチの中には、無料で深掘りを手伝ってくれる方もいるので、

ぜひコーチングを体験してみてください

ここまでをまとめます

まとめ
◇自己分析ワーク

① 他人軸と自分軸がある事を理解する

② 自分の「価値観」をひとつ見つける

③ 友達や家族にお願いをして、「why or what」を4回以上問いかけてもらう

◇ストレングスファインダーを用いた深堀

①ストレングスファインダーを用いて、あなたの強みを特定する

②認定コーチにお願いをして、自分の強みについて深堀を行う

おすすめの記事