【体育会部活編】誰も教えてくれなかった"正しい"ガクチカの書き方

こんにちはスタローンです

 

今日は

「【体育会部活編】誰も教えてくれなかった"正しい"ガクチカの書き方」について書きたいと思います

私は体育会系の部活に所属していたので
ガクチカに「部活の事」を書きたいです
どの様に書けば良いでしょうか?

 

体育会系の学生は言語化が下手なケースも多いので、

結構苦労していると思います

今日の記事では

Pickup
あなたの体育会経験を100%アピールする方法

体育会経験でアピールにならない事

について書きますので、是非最後までみて下さい

なぜ、ガクチカに体育会経験を書くべきなのか

2021年現在

いまだに体育会経験者は「就活市場」において強いです

その理由としては以下が挙げられます

・チームにおける学びを得やすい

・目標を立てやすい

 

チームにおける学びを得やすい

ガクチカの種類は主に4種類に分類することができます

ガクチカの分類
チームでの経験 X 自分から動く → リーダー型
チームでの経験 X 受け身で動く → コミュニケーター型
一人での経験 X 自分から動く    → ソルバー型
一人での経験 X 受け身で動く    → ストイック型

面接官は「あなたの話」を少し聞くだけで、

面接官
この子は「リーダー型」だなぁ

とか

面接官
この子は「ソルバー型」だなぁ

とか考えています

あなたが体育会経験をアピールする時

私は、サッカー部の部長でした
私のサッカー部では、多数の部員が辞めそうな状態で、部が廃部になる危機的な状態でした

部員が減った部室は寂しい状態でした。誰も使わないロッカー、脱ぎ捨てられたユニフォームを見た時に、全員でサッカーをやっていた時の楽しさを思い出しました
そこで私は、辞めた部員に対して、部活を続ける事のメリットを説明し、引き留める事にしました

(中略)

なので私には、「交渉力、すり合わせ力」があります

面接官
この子には「リーダー型」の素質があるんだなぁ

と自然に分類を行います

体育会経験者はチームでの経験が多いので、 

「リーダー型」もしくは「コミュニケーター型」の資質をアピールしやすいです

 

目標を立てやすい

体育会系の部活では、必ず目標を立てます

・〇〇大会優勝

・XX大会に参加

・レギュラー獲得

なので、何が課題なのかが見えやすく

ガクチカに必要な一連の流れ

「目標・課題・行動・成果」

が説明しやすいです

体育会系の大きなデメリット

体育会系の大きなデメリットは「主体性の発揮」が難しい点だと思います

余談ですが、主体性と自主性は違うので気をつけましょう

主体性と自主性の違い
主体性: 自ら課題や目標を設定し、目の前のタスクを責任感を持って遂行すること
自主性: 目の前のタスクを能動的に遂行すること

体育会系では「目標」などは、上から降りてくるモノだと思います

・監督やコーチから「目標」を教えてもらう

・先輩やコーチから「課題」を共有してもらう

 

そうすると、

自ら課題や目標を設定するのは難しいですよね

なので

・なぜ、その目標を設定したのですか?
・なぜ、目標を達成する為にその行動を選んだのですか?

・・・

と、なってしまいがちです

主体性が欠けている = 自ら課題や目標を設定していない

話をする時には、注意をしましょう

 

あなたの体育会経験を100%アピールする方法

あなたの体育会経験を100%アピールするには、「真似をしたアピール」をしましょう

あなたは運動が上手になる過程で、「誰かの真似」をしたはずです

その過程を深堀しましょう

例えばテニス部のA君を例に取ります

彼はフェデラーの真似をした経験を持っています

深堀シート

◇理想
フェデラー

◇自分と理想の差異

・腕の位置が10cmほど違っていた

・小指に力を入れるようにステップを踏んでいた

◇差異を埋めるために何をしたか

上手な人との差異が埋まるように自分の動作をビデオに撮って、ズレがなくなる様にした

◇結果

大会の決勝戦に進出する事ができた

この様に、理想の人を真似するだけで

目標 = 理想の人

課題 = 理想の人との差異

を説明する事ができる為、あなたの自主性をアピールしやすいです

是非やってみて下さい

おすすめの記事